Kadar Brock
Conjuring and Dispelling

blastof
Blastof Cold
necrotic web
Necrotic Web
player characteristics
Player Characteristics
player characteristics stats
Player Characteristics Stats
spelllist arcanegate
Spelllist arcanegate
mola barbery pirate
Mola,Barbery Pirate
samolde portrait
Samolde,Portrait

Kadar Brock
Conjuring and Dispelling


These are good dirty paintings. For Brock painting is an imperfect machine that repeats accidents.
It emphasizes introspection, openness, and self-challenging, and conjures the possibility of higher meaning. Following the ideological and formal lineage of abstraction, and starting with a most basic mark, Brock's work forces questions on contemporary painting and drawing.


Conflicting painting modes are conjured, but do not necessarily cancel one another out; their coexistence is harmonious and tenuous - zig-zagging on the precipice between meaningful and meaningless. A single canvas includes synthesized but disparate abstract painting modes and materials, forcing a tension between visual unification and ideological divergence. Mirroring forms replicate, but backwards and unconnected.


These markings are filled with, and emptied of, meaning. He approaches spiritual content by referencing New Age Spirituality, magic, Abstract Expressionism, and Romanticism, while still considering aesthetics of "anti-painting" and "painting's autonomy." Ideologically these works look at inner-life vs. outer-appearance and how "other" content relates to more minimal modes of abstraction, as well as expressionistic modes of figuration. Using a process that is framed by rules and procedure, yet within that box, incredibly intuitive and improvisational, the paintings become rituals that span the material world to transcendence. Specifically, the wizzardry reflects a physical manifestation or insertion of the magic imbued in art.

Bluntly testing the day-to-day logistics of the painting process, the works project an ultimate reality outside of the physical world. Staring up at their patterns, or having them impose themselves on a physical space propels thought infinitely past the limits of references and standards, into a world without them or anything else.



カダル・ブロック
魔法をかける/魔法を解除する


すばらしくも汚い絵画である。カダル・ブロックにとって、絵画は誤作動を繰りかえす不完全なマシーンである。そして内省や寛容さ、自己への挑戦をうながすものであり、より高次の意味を生じさせるもの。抽象絵画の概念や形式に従いながらも、そこに描かれたものを見れば、ブロックの作品が今日の絵画とドローイングに疑問を投げかけていることに気づくだろう。


こうして矛盾をはらむ絵画が魔法のように現れるが、この矛盾は必ずしもお互いを相殺してしまうものではない。調和しながらも危うく共存し、意味と無意味の淵をジグザグに揺れ動く。ひとつのキャンバスの中には、抽象絵画の表現と要素が合成されながらも異質なまま共存しているため、一枚の絵として視覚的に統一されているにもかかわらず、その中に異質な概念を内包する、という葛藤が生じることになる。鏡に映る像は、視覚的には現実の形を複製するものだが、鏡の中にしか存在せず実際に触れることさえできない。概念としては、現実とはつながりを持たない異なる像なのだ。


彼の作品に描かれたものは意味に満ちているが、また同時に意味が奪われてもいる。彼はニューエイジの精神、魔法、抽象表現主義、ロマン主義を参照しながら精神性の問題に取り組みつつも、一方では「非 - 絵画」や「絵画の自立性」の美学についても検証している。そして概念上の問題としては、精神世界と外観の対立について、また「その他」のものがどのように抽象絵画のミニマルな表現や、表現主義の形態の表現と関係しているのか考察をすすめている。ルールと手順を定めたプロセスのもと、実に直観的で即興的な方法で、しかしその枠の中にとどまったまま、絵画は物質世界を超越するための儀式となる。つまり、彼の魔術のような絵画の制作方法により、魔法はアートに染みだし、物質的な現れとして姿を表すのだ。


ブロックは絵画の制作プロセスを日常的な取り組みとしてありのままに検証するが、この取り組みは物質世界からはかけ離れた究極のリアリティを映しだす。描かれた図を見つめ、またはその図を物質空間に組み込むことで、思考を単なる何かの参照やものごとの尺度といった限界から解き放ち、無限の世界へと押しすすめることができるのだ。



  • CV(PDF)

  • ARTICLES & REVIEWS