Thorn Eye

Naoya Hatakeyama, Andrew Guenther, Tsukasa Yokozawa, Tiffany Pollack, Susan Lipper, Tai Ogawa, Rebecca Kolsrud, Chris Jahncke, Laurel Nakadate, Dan Kopp, Brett Budde, Takeshi Masada
  
畠山直哉、アンドリュー・グンサー、横澤 典、ティファニー・ポラック、スーザン・リッパー、小川泰、レベッカ・コールスラッド、クリス・ジャンキ、ローレル・ナカダテ、ダン・コップ、ブレット・ブッディ、政田武史

March 13 - April 11, 2009

brett budde, web
Brett Budde, Web
jay Davis, the thinker
Jay Davis, The thinker
tai ogawa, heyri
Tai Ogawa, Heyri
naoya hatakeyama, tunesia
Naoya Hatakeyama, Tunesia
tsukasa yokozawa, spilt milk
Tsukasa Yokozawa, Spilt Milk #2
laurel nakadate, im with stupid
Laurel Nakadate, Im with stupid

Thorn Eye


Artists: Naoya Hatakeyama, Andrew Guenther, Tsukasa Yokozawa, Tiffany Pollack, Susan Lipper, Tai Ogawa, Rebecca Kolsrud, Chris Jahncke, Laurel Nakadate, Dan Kopp, Brett Budde, and Takeshi Masada


Landscapes have long been a source of intrigue. As a young boy, I encountered mostly bucolic paintings and was quickly bored to distraction. I could not fathom the thrall of such scenes where a horizontal line and pretty colors equates to a gratifying landscape. Through the years and many persistent questions later, I have come to appreciate some pieces that have stuck with me. Particular favorites have been Bellini's St. Francis in the Desert at the Frick Collection, after all the ability to commune with the animals is a long held ambition, and many of the awkward but engaging early Renaissance depictions of haunted saints, or fantastic villages. Richard Dadd passed through my radar with a beautiful painting on loan to the Art Institute of Chicago, which carefully created multiple worlds within a tiny patch of weeds. Taking similar engagement with the force of Turner (who, lest not forget, appeared 30+ years ahead of the French), and a particular Mondrian lavender and orange seascape that never ceased holding me in rapture. Under a mish-mash of small museum collections, I had to cobble my own understanding of the history of art and in this case landscapes. Unlike Panofsky, who writes about landscapes from the point of view of light, my interaction was concerning the disconcerting uses of space and subject matter. Motus Fort presents a selection of pieces from our collection with additional pieces from artists we notice. Some pieces are bombastic while others are deceivingly quiet, but they should all stick in your eye.


Cars in briars, stacked trailers in woods with sticker bushes, stray rusty nails or decaying metal edges, Susan Lipper challenges our assumptions of place and people we assume to encounter in rural America through her devious documentary devices. Takeshi Masada stops action while Tai Ogawa reverts to medieval sense of space complete with hauntings. Chris Jahncke, Andrew Guenther and Dan Kopp keep our attention forward and abstracted so we simultaneously see the future and the past. Rebecca Kolsrud, Tiffany Pollack and Brett Budde challenge our assumptions and dreams of idyllic peace. Laurel Nakadate thwarts our fantasies while Naoya Hatakeyama's very early work strives to find a way to express, as he later works it into his oeuvre. Tsukasa Yokozawa presents endless cities not with invisible greatness but penetrating disturbance. What if cities were this devoid of aesthetics, cured only by nature? These works lurk with thorns, those sharp little points that dig themselves under the skin and force attention. Every time they are pressed they send sweet pangs of pleasure, remembrance, and fond moments of attention. Motus Fort presents ThornEye.



ソーン・アイ ― 眼の棘 ―


アーティスト:畠山直哉、アンドリュー・グンサー、横澤 典、スーザン・リッパー、小川泰、レベッカ・コールスラッド、ティファニー・ポラック、クリス・ジャンキ、ローレル・ナカダテ、ダン・コップ、ブレット・ブッディ、政田武史


風景画は長きにわたり興味の源泉となっています。私が若い頃は、牧歌的な絵画に出会っても大抵はすぐ退屈したものでした。なぜ水平線ときれいな色彩が実物の素晴らしい風景と同じだとしなければならないのか、私には理解できませんでした。年月を経て、そして多くの絶えざる疑問の後で、私は忘れられなかった作品を評価するようになりました。特に好きな作品としてフリック・コレクションのベリーニの「砂漠の聖フランチェスコ」がありますが、それは動物と心を通い合わせる能力への憧れと、何かに憑かれたような聖人や幻想的な村がぎこちなくも魅力的な初期ルネッサンスの描写で描かれていたからでしょう。当時シカゴ美術館へ貸し出されていたリチャード・ダッドの美しい絵画も私の琴線に触れました。そこでは雑草が生える小さな一画の中に多層的な世界が入念に創り出されていました。同様に、ターナーの力強さ(忘れないように言えば、フランス印象派より30年前に現れている)と、また私を魅了してやまないモンドリアンのラベンダー色とオレンジ色の海景にも惹かれました。小さな美術館の雑多なコレクションでは、アートの歴史、そしてこの場合は風景画の歴史について自分で把握しなければなりません。光の視点から風景画について論じたパノフスキーと異なり、私の関心は動揺を引き起こすような空間と主題の使い方です。Motus Fortは、コレクション作品に加え、注目するアーティストの作品を展示します。ある作品は仰々しく、または欺くかのように静かにあなたの眼に突き刺さることでしょう。


茨の中の車、棘のある茂みに囲まれ森の中で積み重なったトレイラー、打ち捨てられ錆びた釘、年月の経った金属片、スーザン・リッパーはドキュメンタリーという装置を利用し、アメリカの田舎で遭遇する場所と人に対する私達のイメージに疑問を投げかけます。政田武史が行為を静止する一方で、小川泰は憑きまとう者たちに満ちた中世の空間感覚を蘇らせています。クリス・ジャンキ、アンドリュー・グンサー、ダン・コップの作品は、私達の注意を前方と抽象的なものに留め、私達は将来と過去を同時に見ることになります。レベッカ・コルスルッド、ティファニー・ポラック、ブレット・ブッディは、牧歌的な平和についての私達の推測と夢に疑問を投げかけます。ローレル・ナカダテは私達の幻想を妨げる一方、畠山直哉の初期の作品は彼の後の全作品へとつながる表現方法を模索しています。横澤典のどこまでも続く都市は、その目に見えない広大さではなく終わりのない喧騒を表現しています。都市は美意識に欠けており、自然だけが都市を再生させるのだとしたらどうでしょう?これらの作品は棘を隠し持ち、皮膚の下まで貫いて気付きを強いるような鋭い先端を持っています。その棘が押し付けられた時、快楽の甘美な痛み、記憶、そして素晴らしい気付きの瞬間を呼び起こします。Motus Fortは、ソーン・アイ - 眼の棘 - を開催いたします。