クリス・ジャンキ
Chris Jahncke
Morph

2009年5月1日(金)〜  5月31日(日)

Friday, May 1 - Sunday, May 31, 2009

headspace

Ghost generation

Ghost generation

Ghost generation

crawler

Crawler

dirty pickle

Dirty Pickle

Ape Thought

Ape Thought

「Morph」


東京では2度目となるクリス・ジャンキの個展『Morph』では、紙媒体による作品を展示いたします。これらの作品は隕石のペインティングよりも以前の作品ですが、共通する部分もあります。ジャンキは彼の主題において独自の方法を推し進めながら、同時に、断片的で強迫観念に満ちた作品を意欲的に制作しています。『Morph』展は、彼の制作と思考プロセスについて深くご理解いただけるものです。


彼はまず第一にアーティスト以外のもの、エイリアン、エルフ、カッパ、嘔吐する幽霊、サスカッチ、ゴブリン、ノーム、モンスター、悪魔、そのほか存在を疑われる言い表し難い怪獣たちの目撃スケッチからインスピレーションを受けていますが、それらは決して神々ではありません。彼はエイリアンたちを描き、一方で、自動筆記からはじめて再び猿人や種々雑多なものへと立ち戻ることで進化をするのです。ジャンキは明らかにこれらの調査としてのドローイングを楽しみ、人間が自らの理解を超越する何かとつながろうとする必然性の中に、彼は自身の方法を探求しています。


色彩、閃光、星、時間、増殖、崩壊、反射・・・、重々しいインスピレーションとなる前の、気体の発火へと導く火花の様相。目撃者の証言からはじまり、時には宇宙塵を用いながら、クリスは私たちの集合的無意識が、連帯し、分類し、創造を必要とすることを明らかにしています。




In this 2nd solo exhibition by Chris Jahncke entitled "Morph", works on paper are featured. These works predate and overlap his Meteorite paintings. Jahncke wends his way around his themes as he concurrently produces works in fragmentary spurts. "Morph" offers insight into his working and thinking process.


Inspired primarily by non-artistic, eyewitness sketches of aliens, elves, kappa, vomiting ghosts, Sasquatches, goblins, gnomes, monsters, demons and other indescribable beasts whose existence is disputable, Jahncke starts from the process of automatic drawing of aliens while circling back to depict ape-men and other assorted junk. Jahncke clearly enjoys making these investigative drawings, probing his way through the human need to connect to something beyond their own interpretations.


Color, sparkles, stars, time, growth, disintegration, reflection... Starting from eyewitness accounts, Jahncke taps into our collective and subconscious desire to connect, classify and create.