ANDRZEJ ZIELINSKI
Cell Phones

May 14 - June 12, 2010

blue phone
Phone
blue phone
Phone
shredder
Shredder
shredder
Shredder
open cell phone
Open Cell Phone
folded wireless
Folded Wireless
mobile phone
Mobile Phone

Cell Phones
Andrzej Zielinski


Looking at Andrzej Zielinski's paintings of telephones, laptops, ATMs, shredders and other electronic equipment over the last 5 years, his work has troubled and haunted me. Discussing matters with him, I am informed that each object is painted at a 1:1 ratio; the objects are indeed actual products. Seeing these fanciful figurations and trying to find paths inward to their greater significance, I recalled looking at Jasper Johns paintings and realizing that his numbers were less a source of contemplation, but an essential readymade. In the age of Modern Art and Abstraction, a bewildered audience began to struggle with the seemingly obvious question of, "What is it?" Johns gently nudged the question to a more suitable "Why?" thus releasing the image from further duty of replication of representation. Anecdotal or fictional, this imagination of an artist standing before a blank canvas and wondering what to paint is erased.


This prefigured composition left the John's the freedom of how to paint. Whereas John's forgoes compositional variation, Andrzej arrangement outside of 1:1 ratio, are anything but predetermined. What results is a highly personal translation of a machine where reality is brought into question by distortion of actual and perceived space. This destabilizes, distorts and highlights our dependence on machines that are constantly changing in terms of their tangible and intangible functions and attributes. Andrzej's comical and strange application of paint functions with machine economy to allow each brush/palette knife stroke of his to have a quadruple life as description, suggestion, abstraction and bas-relief. Andrzej's use of 21st century acrylics, gels and mediums answers the challenge head-on of how to "up-date" painting and bring into the 21st century with striking relevance.


The phones on display at Motus Fort exhibit a wide range of technical strategies from application to coloration. Reverse engineering Albers' color theories, some of these phones have protruding surfaces that from a short distance read flat. This current exhibition at Motus Fort exhibits work from the last few years so we can witness the Artist's development and furthering of paint plus surface. Seen as a metaphor the subject can be also read as the classic struggle between style and content. Taking the use of Alexander Graham Bell's first telephone in 1876, its overall use has remained constant, yet styles and improvements are ongoing.


Andrzej Zieliński was born in Kansas City, Missouri in 1976. He completed his BFA at The School of the Art Institute of Chicago in 2002 and achieved his MFA in painting from Yale in 2004. His work has been in numerous group shows including Greater New York at PS 1 MOMA. He has had solo shows at prestigious galleries including Nicole Klagsbrun and DCKT Contemporary in New York and Marc Selwyn Fine Art in Los Angeles. He currently lives and works in New York.



携帯電話
アンジェイ・ジェリンスキー


私は過去5年間にわたりアンジェイ・ジェリンスキーの作品を見てきたが、彼が描く電話、ノートパソコン、ATM、シュレッダーといった電気機器の作品は、私の頭から離れることがなかった。彼との会話でわかったことは、それらのオブジェクトは実物大で描かれていること、そして実際に存在する製品だということだ。その実在するとは思えない形のオブジェクトを眺め、内にひそむ意味をたどろうとするうち、私はジャスパー・ジョーンズの絵画を目にしたときの感覚を思い出した。ジョーンズの作品にあらわれる数字は、何かを意味するものというよりは、もとよりレディメイド(既成品)にすぎない。


近代芸術と抽象絵画が登場して以来、観客は「これは何か?」という当然ともいえる問いに悩まされてきた。しかし、ジョーンズはその問いを「何」から「なぜ?」にうまくすり替えることで、絵画を「現実の何かを再現するレプリカ」という役割から解放したのだ。事実であれ作り話であれ、芸術家は白いキャンバスを前にして「何を描くべきか」思い悩む必要はなくなったのである。


ジョーンズは構図をあらかじめ決めることで、「いかに描くか」を探求する自由を手に入れた。構図のバリエーションを問題としないジョーンズに対して、アンジェイの場合は、オブジェクトである機械を実物大に描き、その他はむしろ自由に構図を構成している。こうして彼の作品はきわめて独自な機械の解釈を生みだすことになる。そこでは現実の空間と知覚される空間はゆがみ、現実は疑わしいものに感じられる。彼の機械の解釈は、有形・無形の機能と特性を日々進化させる機械への私たちの依存を揺るがし、ゆがめ、明らかにしているのだ。


アンジェイはこの機械社会にふさわしいコミカルで風変わりな着色方法をとり、筆やパレットナイフの一塗り一塗りに、描写し、示唆し、抽象でもあり、レリーフでもある、という複数の特徴をもたせている。彼は今日のアクリル絵の具、ジェルやメディウムを用いて、絵画を21世紀へと「アップ・デート」する試みに真っ向から取り組んでいるのだ。


今回 Motus Fort で展示される電話のシリーズでは、着色方法から配色までさまざまな技法が試されている。アルバースの色彩理論を逆に援用した作品では、実際は電話が突出した面に立体的に描かれているが、色の錯覚によって近づいてもなお平面に見える。本展覧会では過去数年間の作品を展示し、彼の成長とともに、着色と平面についての挑戦も見ることができるだろう。また、彼の電話という主題は「内容」と「様式」という古典的な論争のメタファーとして捉えることもできるのかもしれない。1876年のアレクサンダー・グラハム・ベルの最初の発明以来、電話の用途である「内容」は変わらない。しかし、その「様式」は今も進化し続けているのである。


アンジェイ・ジェリンスキー 略歴 1976年、ミズーリ州カンザス・シティ生まれ。2002年にシカゴ美術館附属美術大学で美術学士を取得後、2004年にイェール大学の絵画で美術学修士を取得。P.S.1 MOMAでの「Greater New York」展などグループ展での展示多数。また、NYの「Nicole Klagsbrun」や「DCKT Contemporary」、LAの「Marc Selwyn Fine Art」など主要ギャラリーでの個展も開催している。現在、NYを拠点に制作を行っている。

  • Cell Phones(PDF)

  • ARTICLES & REVIEWS

  • ART MONTHLY AUSTRALIA, #245 November, 2011(PDF)