JIM LEE
The Deep Inside

September 10 - October 15, 2010

black bottum
Black Bottom
deep inside
The Deep Inside
exhibition space photos
exhibition space photos
exhibition space photos
exhibition space photos
exhibition space photo

The Deep Inside

Jim Lee


For his first solo show at Motus Fort, Jim Lee will exhibit a series of recent painting hybrids that reflect his quirky brand of humor and present themselves as abstract solutions that slip in and out of recognition. Glossy surfaces, exposed three-dimensional wood skeletons set behind canvas, and calculated brushstrokes are all elements that emerge throughout the gallery space and give each piece a humble and exceedingly low-tech charm.


Jim Lee emphasizes basic formal convictions, such as structure, color, and space, while simultaneously eradicating the boundaries and preciousness of those conventions at every turn. An obsessive collector of industrial and consumer detritus, Lee fashions from these materials sly and innocuous objects that demand close inspection. He pulls apart and screws together his formative non-objective art influences as means of re-interpreting the world. Foul and chance enter in as conditions of the work and operate as vehicles for signature or sentiment. Sharp titles, sports reference and punky gestures, all employed frequently by Lee, threaten to negate the work's seeming aesthetic austerity. Art historical references are evident as the works take their cue from peripheral influences such as Kurt Schwitters, Blinky Palermo and Ree Morton.


Jim Lee's work teeters between fallibility and accomplishment, transforming the pathetic into the sublime. His impressions combine the architectural and the innate, in order to reintroduce the day's detritus into dialogue. It's through these familiar objects and methods that make this work, penetrating, personal and long lasting.


Jim Lee received his MFA from the University of Delaware before relocating to Brooklyn, NY. His work has been exhibited throughout the United States and Europe, most recently at Freight + Volume, NY; Nicelle Beauchene Gallery, NY; White Flag Projects, St. Louis; The University of the Arts, Philadelphia; CRG Gallery, NY; The Neuberger Museum of Art, Purchase, NY; La Station, Nice; FDC Satellite, Brussels; Daimler Contemporary and Galerie Markus Winter, Berlin. He currently teaches at Hofstra University and Queens College.



モータスフォートにおける彼の初めての個展において、ジム・リーは、近年の一連の絵画と彫刻を組み合わせた作品を展示するが、それらは、彼の独特なユーモアを反映しており、またそれらの絵自身が、認識の内外に入り込む抽象的な解決方法として自らを示している。つやのある表面、キャンバスの後ろにある立体的な木の骨組みにさらされたもの、計算された筆づかいは、ギャラリースペースから出てきて、それぞれの作品に謙虚でローテクな魅力を与える要素となっている。


ジム・リーは、基本的で正式な信念、例えば構造や色、空間を強調しながらも、同時にすべての瞬間においてそれら既存のものの貴重さ・限界を取り除いている。製品や商品のとりつかれた収集家である、リーは、それらの物をいたずらっぽく、悪意なく組み合わせ作り、出来たものは我々に綿密に見ることを求めてくる。彼は、彼の物質をなさないものをばらばらにして、ねじり合わせ、それらは、世界の再解釈としての影響をもたらす。不正とチャンスは作品として入り込み、サインや意見としての働きをする。リーは、鋭い題名、スポーツをもじったもの、パンクなジェスチャーなどをよく活用し、その作品におけるうわべだけの美についての厳格さを否定するぞと脅してくる。アートにおける過去の言及は、カート・シュウィッター、ブリンキー・パレルモ、リー・モートンなどからの影響からのヒントを得ていることを示している。


ジム・リーの作品は、哀れなものを卓越したものへ変化させること、達成すること、誤りやすい状況にあることを行ったり来たりしている。彼の感動は、その日の物を、会話に再度もたらすために、建築的なものと、生来備わっているものを組み合わせている。これらの身近な物や方法に共通であり、それらの作品を洞察深いもの、長く維持されるものにしている。


ジム・リーは、デラウェア大学でMFAを得たあと、NYのブルックリンへ引っ越した。彼の作品は、米国・欧州にて展示され、直近では、NYのフライト+ボリューム、ニセレ・ボウシェネギャラリー、セントルイスの、ホワイト・フラッグプロジェクト、フィラデルフィアの美術大学、NYのCRGギャラリー、ニューバーガー美術館、NYのパーチェイス、ニースのラ ステイション、ブリュッセルのFDCサテライト、ベルリンのダイムラー現代ギャラリーで展示されてきている。 現在ホフストラ大学・クイーンズカレッジで教鞭をとっている。

  • CV(PDF)

  • ARTICLES & REVIEWS

  • THE BROOKLYN RAIL, June, 2007(PDF)
  • Philadelphia Weekly, August, 2000(PDF)