SOUTH SIDE SURVEILLANCE
An ongoing project by
travis

April 15- June 11
reception on Friday April 15 from 6pm
travis image

SOUTH SIDE SURVEILLANCE

An ongoing project by

travis


Thirty-five percent of Chicago, Illinois (USA) residents identify themselves as African American, or Black. The majority of Chicago's Black population is concentrated in an area known as "South Side Chicago.


In Chicago's Black South Side, surveillance cameras are ubiquitous.Cameras record all activity at all banking institutions.Surveillance cameras record activity at hotels, motels, colleges and universities. Traffic lights and Smart Sensors capable of both "watching" and "listening" automatically record auto traffic through intersections.Most businesses record their patrons. Insurance companies provide substantial monetary deductions and discounts when surveillance cameras are installed on the property.


Meanwhile, local colleges, universities, research institutions, political consultants and community organizers dissect virtually every aspect of day-to-day life of South Side residents.
Dissection also defines Surveillance.


SOUTH SIDE SURVEILLANCE discusses:
• Land-use policies vs. the body politic.
• The collision of Privacy rights and Security, including "homeland security."
• The role of Technology in evolving definitions of Community, Race and Other.



サウスサイドの監視
トラヴィスによるある進行中のプロジェクト


イリノイ州シカゴの住民の35%は、自らのことをアフリカ系アメリカ人もしくは黒人と認識している。
そうしたシカゴの黒人の多くは"サウスサイドシカゴ"と知られる地域に住んでいる。


サウスサイドシカゴには監視カメラが至る所にある。カメラはすべての金融機関の状況を記録する。
監視カメラはホテル、モーテル、大学の状況をも記録する。"見る"そして"聞く"ことが同時にできる信号とセンサーは、自動的に交差点の交通を記録する。多くの企業が顧客を記録する。保険会社は、保険対象の不動産に監視カメラが導入されるとかなりの保険料を値引する。


一方、地元の大学、研究施設、政治コンサルタント、地域の団体は、サウスサイドの住民の生活のほぼすべての面を詳細に分析する。詳細な分析もまた"監視"を定義する。


サウスサイドの監視に関する議論
・ 土地利用の政策 VS 政策が実際に人々にもたらすこと
・ "国の安全性"も含めたプライバシー権と安全の衝突
・ 地域社会、人種等の定義に影響を及ぼし、発展する技術の役割

travis image
travis image
  • SOUTH SIDE SURVEILLANCE(PDF)