No One in Particular, Except…

Chikako Miyata, Chris Jahncke, Alan Van Every, Andrew Guenther, Yuval Barel, Dan Kopp, Jay Davis, travis, Tai Ogawa, Andrzej Zielinski, Thom Smith

 宮田智加子、クリス・ジャンキ、アラン・ヴァン・エヴリ、アンドリュー・グンサー、ユヴァル・バレル、
ダン・コップ、ジェイ・デイヴィス、トラヴィス、小川泰、アンジェイ・ザリンスキ、トム・スミス

Aug 13 - Sept 17, 2011

Gehenna is Wonderland
Tai Ogawa, Gehenna is Wonderland
Gehenna is Wonderland
Tai Ogawa, Psychometry
By The Stream
Thom Smith, By The Stream
Andrew Guenther
Alan Van Every
Alan Van Every
Chris Jahncke
Alan Van Every
Chikako Miyata
Alan Van Every
interface
Andrzej Zielinski, Interface
travis
yuval barel image
Yuval Barel
I'll fuck and kill you
Dan Kopp, I'll Fuck and Kill You
/woeful inferior
Jay Davis, Woeful Inferior

No One in Particular, Except…


Chikako Miyata, Chris Jahncke, Alan Van Every, Andrew Guenther, Yuval Barel, Dan Kopp, Jay Davis, travis, Tai Ogawa, Andrzej Zielinski, Thom Smith


Ultimately photography and Picasso liberated portraiture from the limiting likeness of the sitter or the exaggerated caricature of an intended target willing or otherwise.


No One in Particular, Except… mixes portraits in paint that are more than just pigment suspended in medium.


Some artists paint with glitter and others with technology or hate, while others are incorporating paint onto objects— moving off of canvas and onto to forms like coconuts, fugu and stones— others employ collage, in fabric, plaster, shadow, hemp and including, human residue, some aim for abstraction. Incidentally only one self-portrait is included; the Artist uses a multiplicity of materials that exemplify his identity.


Portraiture in the last 100+ years is transforming into an open and exciting field to explore as we engage international and artistic pluralism in this new millennium.




ある特定の人物はいない、...以外は


宮田智加子、クリス・ジャンキ、アラン・ヴァン・エヴリ、アンドリュー・グンサー、ユヴァル・バレル、ダン・コップ、ジェイ・デイヴィス、トラヴィス、小川泰、アンジェイ・ザリンスキ、トム・スミス


究極的には、写真とピカソは肖像画を、座っている者の似顔絵という制限されたものや、描かれることを望んでいるか、もしくは望んでいない描画対象を誇張した風刺画というものから解放した。


"ある特定の人物はいない、...以外は"の肖像画は、絵の具を真ん中にとどめただけのもの以上の作品を取り上げる。


輝くもので描くアーティストもいれば、テクノロジーや憎しみで描く者もいる。一方ではキャンバスから離れ、ココナッツやふぐや石など、絵と物体を組み合わる者や、また他にはコラージュを用い、布や漆喰、麻や人間に由来する物質を用いる者も、抽象化を試みるアーティストもいる。


今回、偶然にも自画像は一作品だけであるが、当作品のアーティストは、多様な物質を用い、彼のアイデンティティーを表現する。


肖像画のこの百年超の歴史の中で、我々が、 新しい千年において国際的で芸術的な多元的共存の実現を目指す中で、開かれた興奮に満ちた分野へと変化しつつあるのである。