Rory Mulligan
Fugue

Through January 7th, 2012

selfecstasy
rory mulligan image 16
rory mulligan image 15
rory mulligan image 18
rory mulligan image 19
rory mulligan 20
rory mulligan image 21
rory mulligan 23

Fugue


A flight; responded to with other similar compositions according to certain rules of life, here Rory Mulligan's photographs echo our own limitation on variation, yet conduct without being monotonous.

Gestures repeat, but as Milan Kundera points out, even human difference is limited, thus eliciting elements of familiarity.

This selection of photographs which range through different bodies of his work revolve around the song of Rory's life played in different cities with different men, different homes, lived, desired and dreamt similarly.

The images echo and syncopate while the beat is constant.

Richness emanates and details, visual phrasing, situation, aspirations, desires intertwine; order holds; difference piques. The images are described articulately, and black and white is not invoked as nostalgia, but as coherence, a device reminding us that these works are indeed within the tradition of photography.



フーガ


逃避:人生における一定のルールに従い、他の類似した作品に応え、Rory Mulliganの写真は我々の多様性における今日に共鳴するが、その指揮するところに単調さはない。

身振りは繰り返され、しかしミラン・クンデラが指摘したとおり、人の違いには限界があるとしても、親しみさの要素を顕在化させている。

この写真のセレクションは、彼の作品の異なるシリーズに渡り、同様に住み望まれ夢見られた、異なる街において、異なる者と、異なる家で奏でられた、Roryの人生の歌をめぐる。

このイメージは反響し、シンコペートする一方、拍子は一定である。

豊かさが生まれ、視覚的詳細や表現、状況、熱望、願望の絡み合いを列挙する。

このイメージは明瞭に言及され、黒と白はノスタルジーを呼び起こさず、しかし一環として、これらの表現は、実際には写真の伝統の中にあるものだということを思い起こさせる。