Eyes Off the Flag

An Unofficial YALE University MFA, Painting Thesis 2012


May 25 - June 30, 2012

Doron Langberg, Rushern Baker, Joyce Kalema, Julia Bland, Amy Rinaldi,
Tameka Norris, Evan Nesbit, Ronny Quevedo, Kenneth Rivero, Eric Mack

ドロン・ラングバーグ、ラッシャン・ベーカー、ジョイス・カレマ、ジュリア・ブランド、アミー・リナルディ、 タメカ・モリス、エヴァン・ネスビット、ロニー・ケベド、ケネス・リヴェロ、エリック・マック

d
Doron Langberg, Untitled
joyce kalema untitled
Joyce Kalema, Untitled (Skin II), 2012
juliabland_1
Julia Bland
amy giovanna rinaldi
Amy Giovanna Rinaldi
rushernbaker_L1030938
Rushern Baker, Untitled
evannesbit_Untitled
Evan Nesbit, Untitled
kenneth rivero curtain
Kenneth Rivero, Curtain, 2012
emack2011.1.
Eric Mack, Its a girl 2
tameka norris school is awesome video still
Tameka Norris, School is awesome, video still
ronny quevedo
Ronny Quevedo, Wiphala (study #1), 2012

Eyes Off the Flag

An Unofficial YALE University MFA, Painting Thesis 2012


Motus Fort and Koki Arts are pleased to host a selection from the graduating Yale University MFA, Painting program 2012. Eyes Off the Flag is curated by Mark Thomas Gibson— a Yale MFA Painting, 2013, candidate. This congregation focuses on the expanding challenge of painting in contemporary context. How does the notion of paint, painting, or a painting expand and remain relevant in today's world? The works selected from Evan Nesbit, Tameka Norris, Kenneth Rivero, Doron Lagberg, Eric Mack, Joyce Kalema, Julia Bland, Rushern Baker, Ronny Quevedo, and Amy Rinaldi exemplify a contemporary world where nationality, background, orientation, race... may be informants of practice, but do not limit or typecast the artist as representational of any particular group-identity and take a secondary position at most, thus signifying, not representing, many their backgrounds and socio-cultural interests.


These paintings were selected to challenge assumptions about what painting should or can be, and where it can lead. Questions pushed these artists to challenge basic assumptions and never accept given. Even if the questions appear dumb, basic or flippant, this constant questioning of status quo offers new paths to take in the future of painting, and provides continual guidance. Why should a painting be a rectilinear form? Why pictographic? Why flat? What is paint? Texture? How does it exist; what about display? What role, if any, should aesthetics play? These questions are the beginning which leads us to the exciting question, "Where do we go from here?" This is a poignant question full of possibility and offers myriad directions for artists to embark on their life of making relevant Art. They don't play nice, but they do play big and fearlessly. We congratulate them on their achievement and help launch their careers.




この度、Motus FortとKOKI ARTSでは米国イェール大学2012年美術学修士課程(MFA)修了展(ペインティング)から選ばれた10名の作家の展覧会を、共同開催致します。「Eyes Off The Flag」は、マーク・トーマス・ギブソン(イェール大学美術学修士課程在学中、2013年修了見込)によってキュレーションされました。本展覧会は、現代の文脈における絵画へのチャレンジに焦点を当てた展示となっております。ペイント、絵を描くこと、そして絵の観念は、今日の世界でどのように関連性を保たれているのでしょうか。Evan Nesbit、Tameka Norris、Kenneth Rivero、Doron Lagberg、Eric Mack、Joyce Kalema、Julia Bland、Rushern Baker、Ronny Quevedo、そしてAmy Rinaldi らの今回の作品は、国、経歴、方針、人種などは情報としては存在していますが、作家自身はそれによって制限、もしくはある特定のアイデンティティーの代表としてではなく、彼等の暮らす社会文化的関心をあくまでも客観的な立場から示すことにとどまります。


私たちは来たる爽やかな日々を心待ちにしているが、現実は私たちを暗い冬に置き去りにしたままだ。

これらの作品は、絵とは何であるべきか、可能性、どこへ導いてくれるかなどの固定概念に挑戦するために選ばれました。様々な問いかけをすることによって、作家たちは固定概念にとらわれることなく試行錯誤しました。たとえ問いかけが基本的な、愚かでつまらないものであったとしても、この現状への問いかけ自体がペインティングの新しい道のりを示してくれます。絵はなぜ四角形でなくてはならない?なぜ何かが描かれていなければならない?なぜ平面でなければならない?ペイントとは何か?質感とは?どのように存在しているか?展示は?美的感覚はもしあるのであれば、どのような役目を果たすべきか?これらの質問の先には、「我々はここからどこへ行く?」という刺激的な問いかけが待っています。これは、重要な芸術作品を制作するにあたって、可能性に満ちた問いかけであり、作家にとって多数の方向性を提案してくれる問いかけであります。彼らの作品は「きれい」ではないかもしれいが、何事も恐れる事なく大胆にプレーしてきています。彼らのこれまでの道のりを祝福し、今後の活躍にエールを贈ります。

Artists CV

Doron Langberg(PDF)

Tameka Norris(PDF)

Eric Mack(PDF)