Tai Ogawa
Dimension;Reconstruction

July 6 - August 11, 2012

Dimension;Reconstruction


Motus Fort is pleased to present an ongoing decade of Tai Ogawa's growing expression and form.

In recent works all characters are depicted alive, despite any physical bodily damage and amputations. They may be at the edge of life, but sustaining such condtion is untenable. With this realization we can see the development and maturing of ideas which balance on improbable borders. While color and characters keep constant, approaches to conveying and exploring the relationship from image to form evolve. Bored, frustrated and dissatisfied by limitations of flat, rectilinear surfaces, Tai engages both sides of the paper and cuts out forms to expand each drawing beyond a form on a plain— some are folded, positioned stage-like onto miniature scenes, and others forming chains or totems. His hilarious rocks make use of their natural form as he projects image-facets and incorporates the natural structure of the rock to free the inherent drawing on the outside.

Working with angling plains his drawings never cease being drawings, never willing to morph into sculpture, but rest somewhere in between.



次元;再構築


この度Motus Fortでは、近年アーティストとして成長の著しい、小川泰による個展を開催いたします。

近作で登場するキャラクターたちは身体的なダメージや欠落の要素を持ちながらも生ける者として描き出されています。果たして彼らは生と死、その両義性を保有しながらその狭間に佇んでいます。今回の個展では、この両義性における不安定なバランスへの考察、その開拓と成熟を目の当たりにすることが出来るでしょう。色彩とキャラクターたちは普遍的な要素を保ちながらも、彼のアプローチはそのイメージを発展させるための関係性を探求していきます。二次元的であることへの制限に対する苛立ちや憂い、短絡的な表象、小 川はドローイングとカットアウトという二つの形態を用い、その両方が持つ既存の意義を超えようと試みます。その幾つかは多様に組み合わされ、まるでミニチュアのステージ装置のように配置されます。また自然なままの形の石にペイントを施すユニークな作品群は、自然が自然であるという様相への具現化を試みるという彼のコンセプトに基づき施さ れ、イメージの解放に成功しています。

視点の角度を変えることで、彼のドローイングは既存の定義に留まることはなく、しかし単純に彫刻という形態に転換されることも決してなく、その多義性を含んだ領域を軽やかに浮遊していると言えるでしょう。