Evan Nesbit
Jestorial

September 7 - October 13, 2012

untitled
Untitled
untitled
Untitled
untitled
Untitled
Untitled
Untitled
untitled
Untitled
untitled
Untitled

Jestorial


Evan Nesbit presents selections from his ongoing exploration of painting and Porosity in vision.

Nesbit weaves together haptic images where in the porosity of various materials renders surface and space in painting with greater dimensionality and articulation. We think we see a flat surface, but it never is purely flat, nor is it as smooth, nor simple as it appears.

With this as a jumping point Nesbit prefers fibrous fabrics where the paints and colors poke through, highlighting the spaces structuring and dotting the continuous surface, but more to the point the fluffy fibers obscure simplicity for clear vision, both ocularly and photographically.

Our vision and perception is constantly disrupted. This is how we actually see.


Found objects, Painting titles, aesthetic form, process and techniques all fold in on each other while expanding possibility.

Nesbit's Color palette and shape surfaces find traction in represintasion and exist as quasi-abstract painting, such as Pastoral, Boogie Woogie, Quick, BYRB among others.

Evidence tying his oeuvre together is the leaf patterns that emerge within Leaf and Pastoral, and his use of afghan blankets and sweater fragments work with comforts and haptic experiences of his home.

Shapes shift, colors blur, emerge or pop. Nesbit's references slyly remind us of the trajectory of modernism, while paintings such as Jestorial and Frogger push to a wider interpretation of painting and space in contemporary visual culture.


Evan Nesbit writes:


I am interested in the porosity and cognitive physicality of vision.

I see pattern, color, and material relationships as visual devices that can challenge the pictorial space of painting and my habitual modes of perception.

In my work the imbrication of pattern and materiality exist as expansive fragments of experience that create vision.I make jesting visual propositions, decidedly entrenched in the traditions of two-dimensional pictorial space while exploring the multifaceted language and syntax of painting as it relates to my own experiences.I constantly strive to create a level of intellectual uncertainty and spontaneous curiosity in my work.

I recognize limitation and often strive for failure in abstraction because it has become more provocative.



Evan Nesbit was born in Northern California in 1985. He received his BFA from San Francisco Art Institute in 2009 and his MFA from Yale University in 2012. In addition to exhibitions at Carmichael Gallery in Los Angeles and Ever Gold Gallery in San Francisco, Nesbit has participated in group exhibitions at Koki Arts and Motus Fort Gallery in Tokyo, Japan and Park Life in San Francisco, CA. Nesbit's work will be featured in the upcoming 2012 New Wight Biennial at UCLA. His work is included in many private collections as well as the Jimenez- Colon Collection in Puerto Rico and Sierra College Collection in California. Nesbit currently lives and works in Nevada City, CA, and attended the reception here in Tokyo on Friday, September 7th.




Evan Nesbitは、現在進行中の絵画の試みである視覚の「Porosity/すきま」から、選り抜きの作品を見せている。Nesbitは触覚のイメージの綾を織り、そこでは多種の素材の隙間が、より高次に、よりはっきりと、絵画における表面と空間を作り出している。

私たちは自分が平らな表面を見ていると思っているが、表面は決して純粋に平らではないし、見た目ほどに滑らかでも、単純でもない。

これを契機として、Nesbitは繊維質の織物を好んでいる。

その織物とは、絵具と色彩が突出し、空間を強調し、切れ目ない表面を組み立て点描する場所である。

しかし何より、ふわふわした繊維が、明瞭な視界がもつ簡潔さを、視覚的にも写真的にも曖昧にする場所である。私たちの視覚と認知は常に破壊される。これが実際の私たちの見え方である。


見出された対象物、絵画のタイトル、美的形態、過程と技術は、ひろがる可能性の中で、すべて互いに畳み込まれている。Nesbitのカラーパレットと形態の表面とは、表象において静止摩擦力となり、Pastoral、Boogie Woogie、Quick、BYRB、その他の準抽象画として存在している。

彼の全作品を結びつける証となるのは、LeafとPastoralにおいて現れる葉の模様である。

そしてアフガン毛布やセーターの切れ端を用いることで、棲み処の心地よさと触覚的体験とが表される。

形態は変移し、色彩はかすみながら浮かび上がり、そして飛び出す。

NesbitはJestorialやFroggerを通して、私たちに、現代映像文化におけるより広義の絵画と空間の解釈を提示しながら、ユーモアたっぷりにモダニズムの軌跡を思い起こさせる。


Evan Nesbitは次のように述べる


私は、間隙と視覚の認知的物性に関心がある。

私は、模様・色彩・素材の関係性を、描画の写実的空間と私自身の習慣的認知法とに挑みうる、視覚的からくりとして見ている。

私の作品の中で、模様の重層と素材性とは、視覚をつくりだす体験の包容力ある断片として存在している。

私は、多面的言語と自分自身の経験にかかわる絵画的統語論とを探求しながらも、二次元写実空間という伝統の中でしっかり確立された、遊び心ある視覚的提示を行う。

私は作品において、一定の知的不確実性と自然な好奇心とを生み出すよう常に努めている。

私は限界を認識し、しばしば抽象的失敗に取り組んでいる。

というのも、それがより挑発的となったからである。



エヴァン・ネスビットは、1985年北カリフォルニア生まれ。2009年にSan Francisco Art Instituteにて美術学士号を取得し、2012年イェール大学にて美術修士号を取得。ロサンゼルスのCarmichael Gallery、サンフランシスコのEver Gold Galleryでの展示会に加え、Nesbitは、東京のKoki ArtsとMotus Fort Gallery、及びカリフォルニア州サンフランシスコのPark Lifeにおいて、グループ展に参加。Nesbitの作品は、UCLAの2012 New Wight Biennialに参加予定である。その作品は、プエルトリコのJimenez-Colon CollectionやカリフォルニアのSierra College Collectionの他、多くのプライベートコレクションに加えられている。ネスビットは現在カリフォルニア州ネヴァダ市を拠点に活動。ここ東京にて9月7日金曜日、モータス・フォートのレセプションに参加。