Susan Lipper
trip

October 19 - December 1, 2012


Artist reception is Friday, November 23, from 6pm

trip cover photo
untitled
untitled
untitled
untitled
untitled
untitled
untitled
untitled
untitled
untitled
untitled
untitled
untitled

Susan Lipper

trip


Every day with me is literally another yesterday for it is exactly the same.

— Alexander Pope, 18 March 1708


Years before we met, I first came to know Susan Lipper's trip in the ever-increasing mileage of The Strand's bookshelves. I could rely on their limitless stock to peruse this book and slowly, repeatedly study it. Every time I returned they would still have yet another copy. In my mind It is there in perpetuity, stable, insistent, beckoning. I picked up my own copy, and over the years myriad others to forward to friends. I've encountered this book in Tokyo at first run bookshops and second hand bookshops including Genkido. An artist told me he bought one in Izu last month at the Photo Museum. I've seen it in London, Frankfurt, even once in Shanghai; it gets around.


Sandwiched between Walker Evans' "American Photographs" and Michael Lesy's "Wisconsin Death Trip", 1973, with "Guide" to the side, The Strand's serendipitous curation revealed connections through proximity. I could piece her dialogue with: Walker Evans' distance; her New Humanism to New Topographics; her inclusion, expectation, interactive theatricality with vernacular "history" films like Gone with the Wind or Psycho ; her recognition of the shape of things to come with Paul Strand's mantle of modernism; a digestion and a test of Tod Papageorge's core curriculum…


Ongoing years of epic travel, the grand tour, the road-trip, the exploration, the journey, the expectations, the photobook, the documentary, the journal, the film, set your camera and make a plan. Return! Revise! Read! Revisit! Remove! Participate!


trip is slow. trip is deliberate. trip is home. trip is evidence. trip is our influences and inner dialogues. trip is our yesterday which is our future. I tote tomes because TV doesn't interest me much. I cannot read on a plane, but do so on buses and trains. Stories merge with views and views with images. I read the pictures we bump into in our heads. I learn to see differently. The beauty of a recurring trip is that pressure to arrive is lessened, and interaction is obligatory, deliberate. These photographs are not instant reactions of a single trip visually described in speed and detachment. The anecdotes are informative but not crucial, perhaps interchangeable or imaginary. Results accumulate. Each shot's impact is more akin to the accurate and quiet clap of a rifle, than a explosive grenade. The bullet is lodged irretrievably. It remains. It reminds. Repeated visits, destinations, contemplations, visual trans-location, the images add up, but the book's sequence makes the story into a guided whole.


Growing up along the Mississippi River, trip is familiar. Returning and staying in motels, revisiting sites of local wonder, reveling in exquisite solitude, protected by the distance of time, I observe in spite of development that nothing has fundamentally changed. The new becomes old and cracked; disrepair is rampant. Progress pends. Details emerge. Commemoration boards overlap as parallel stories impose or mesh. I connect and configure to suit my purposes, my humor, my anger, my anxiety of influence, my disappointments, my embarrassments, my past, my pride, my ideas, observations, and my triumphs. Her images are specific, yet interchangeable not unlike our own trips. Scenes are not set behind glass, and the artist is not a mechanical eye floating detached, but fully interactive, just as we set our bags down to stand decidedly to one side as directed by the photographer or wait for these people to pass. The location is decidedly American, but the pleasure of these photographs is that the scenes are translatable in any country. They share our human reality and the malleability of human gesture.


The images are subtle. Details and overlooked scenes take on new urgency or relevance, only to dissolve while another work compels us another day. trip is warm and felt, lived in, a connection to the landscape, not a clinical or detached survey. It is there, but here as well. It is involvement between worlds, real and internal. It is her poetic experience given for us also to experience and notice how we share many of the same complex thoughts and conflicting feelings seen less with a critical, but literary eye.


In our externally subjective home, trip is our return.



Susan Lipper is a New York based artist. She received her B.A. in English Literature from Skidmore College in 1975 and her MFA in Photography from Yale University in 1983. Among the monographs on her work are Bed and Breakfast (2000), trip (1999), and GRAPEVINE (1994). Recent projects have included the Not Yet Titled series (1999-2004), which explores themes of narratives and dates, diptychs of gelatin silver prints mounted on aluminum as well as Off Route 80, an installation of video + landscape work from Grapevine, West Virginia starting in 2006. She is represented amongst other places in the collections of the Metropolitan Museum, the Museum of Contemporary Art – Los Angeles, the San Francisco Museum of Modern Art, the Victoria and Albert Museum, and the New York Public Library.



スーザン・リッパー


毎日は全く同じであるから、文字通りまた別の昨日である。

1708年3月18日、アレキサンダー・ポープ


私がスーザン・リッパーと出会う何年も前に、私はニューヨークのStrand書店の延々と続く書棚の中で、スーザン・リッパーの写真集「旅」に出会っていた。スーザンの写真集を見るにあたり、書店の無尽蔵の品ぞろえを信用し、私はこの本にゆっくりと繰り返し向き合った。私がこの書店を訪れるたびに、この写真集は新たに補充されていた。私にとってこの写真集は、いつも変わらずどっしりと、私を招き寄せるかのように、永久にそこにあるものだ。自分用に一冊買い求めた後、私は長年にわたり友人に贈るため無数にこの本を買い求めてきた。通常の書店のほか、源喜堂といった古書店においても、私は東京でこの写真集に幾度となく遭遇している。あるアーティストは、伊豆にあるPhoto Museumで先月この本を買い求めたという。ロンドン、フランクフルト、そして上海においても一度、この本に会った。あちこちにあるのだ。


この本は、ウォーカー・エヴァンスの「American Photographs」とマイケル・レジーの 「Wisconsin Death Trip」(1973)の間に挟まれ、さらに横には「Guide」があった。Strand書店のこの巡りあわせ的ともいえる本の配置から、近いところに並ぶものはお互いに関係のあることが明らかであった。彼女の物語はウォーカー・エヴァンスの距離と、彼女のNew Humanism はNew Topographicsと、彼女の内にあるものや期待、インタラクティヴな芝居がかった様子は「風と共に去りぬ」や「サイコ」といった土着の「歴史」映画と、彼女のものの捉え方はポール・ストランドのモダニズム、さらにはトッド・パパジョージのコアカリキュラムの理解と試みに繋ぎあわせることができる。


現在進行形の何年にもわたる大旅行、グランドツアー、ロードトリップ、探検、遍路、期待

写真集、ドキュメンタリー、日記、フィルム、さあカメラを用意し計画を立てよ。

帰還せよ!推敲せよ!読書せよ!再訪せよ!移動せよ!参加せよ!


旅はゆっくりだ。旅は慎重だ。旅は家だ。旅は証拠だ。旅は私たち自身を現す内なる対話である。旅は未来となる過去である。私はテレビにはあまり関心がないので、本を携えていく。飛行機内では読めないが、バスや電車内では読むことができる。物語は風景とあわさり、風景はイメージと同化する。頭の中で自分がぶつかる絵を、読み解いてゆく。異なる見方を学ぶ。反復的な旅の美点は、到着へのプレッシャーが軽減されること、人とのやりとりが義務的で決まりきっていることだ。これらの写真は、スピードと無関心によって視覚的に描かれるような、一度きりの旅の瞬間的反応ではない。繰り返し語られる逸話は、情報に富んでいるがそれほど重要ではなく、おそらくは置き換え可能か空想にすぎない。結果は積み重なる。各ショットの衝撃は、手りゅう弾の爆発というよりは、正確なバチンというライフルの音により近い。弾は取り出し不能なほどに突き刺さる。弾は残留し、思い起こさせる。繰り返される訪れ、目的地、黙想、視覚的な場所の遷移、イメージが積みあがる。しかしこの写真集の一連の流れは、物語を誘導つきの完全なものに作りかえてゆく。


ミシシッピ川沿いに育った私にとって、旅はなじみ深い。モーテルに戻って滞在し、地元名所を再訪し、えも言われぬ孤高にふけり、時の隔たりに守られながら、これだけの開発に晒されながら本質的には何も変わっていないことを見てとる。新しいものは古び、ひび割れる。荒廃がはびこる。進歩は宙に浮き、細部が浮かび上がる。記念品棚は、並行する物語たちが押しあい噛みあうさまにも重なる。私は自分の目的、ユーモア、怒り、自分が他に与える影響への不安、失望、気後れ、過去、プライド、考え、見解、そして成功に適うようにつなぎ、組み立てる。彼女のイメージは特異でありながら、私たちのする旅とは違って置換可能である。舞台はガラスレンズの向こうにあるのでもなく、アーティストは孤立して漂う機械仕掛けの眼でもなく、写真家の指示通りに私たちがバックを下ろして完全に片側に立ったり、これらの人々が過ぎ去るのを待つように、完全に双方向的なものである。撮影場所は極めてアメリカ的だが、これらの写真の楽しみは、情景がいずれの国においても翻訳可能なことである。スーザンの写真は、私たち人間の真の姿と、人間の行動のありきたりさを見せてくれるのだ。


スーザンのイメージは捉えにくい。細部と見過ごされた光景は、別の作品がまたの日に私たちを圧倒する間に、新たな必要性と関連性を帯び、ただ溶けてゆく。旅は温かく感じとられるものであり、その中に私たちが生きるものであり、風景とのつながりであって、分析的で対象との関わりを避けるような調査活動ではない。旅はそこにある、しかし、ここにもあるのだ。それは実世界と内的世界との間のかかわりである。旅は私たちに差し出された彼女の詩的体験であり、私たちがいかに同じようなややこしい考えや葛藤する感情を共通して持っているかを、批判的というよりは文字通りの目で見られるように体験させ気づかせてくれる。


私たちが外的に自覚する家において、旅とは帰還である。



スーザン・リッパーは、ニューヨークを拠点に活動するアーティスト。1975年スキッドモア大学英文学部卒業、1983年イェール大学大学院写真専攻修了。写真集に「Bed and Breakfast」 (2000年)、「trip」 (1999年)、「GRAPEVINE」(1994年)がある。近年のプロジェクトに、物語や日付といったテーマを探求している「Not Yet Title」シリーズ(1999-2004年)、「Off Route 80」(2006-2011年)がある。2006年に始動したウェストヴァージニア州グレープヴァインのビデオインスタレーションと風景作品もある。スーザンの作品は、メトロポリタン美術館、ロサンゼルス現代美術館、サンフランシスコ現代美術館、ヴィクトリア・アルバート美術館、ニューヨーク公立図書館にコレクションされている。