Gallery hours are Wednesday - Saturday from 11am - 7pm

アンジェイ・ザリンスキ
Andrzej Zielinski
Devices Opening Up

2013年6月7日(金)〜  7月27日(土)


Friday, June 7 - Saturday, July 27, 2013

Filming Sunrise

Filming Sunrise, 2013

Desktop Computer with Blue Powercord

Desktop with Blue Powercord, 2013

Yellow Scanner Printing Waves

Yellow Scanner Printing Waves, 2013

Blue Scanner with Stuck Paper

Blue Scanner with Stuck Paper, 2013

Laptop with Virus

Laptop with Virus, 2013

Filming Moon

Filming Moon, 2013


掲載中の作品は全て日本で制作

「Devices Opening Up」


今回2度目となるアメリカ人アーティスト、アンジェイ・ザリンスキの展覧会をモータス・フォートにて開催いたします。


今回の展覧会「Devices Opening Up」において展示されるザリンスキの機械のイメージは、ラップトップから、スキャナー、ビデオカメラに及びます。ザリンスキは、我々が日常において何気なく利用している通信ディバイス(機械)を描く事で、絵画もまたコミュニケーションの一つの媒体である事を示唆しています。

ザリンスキの絵画において、直線や直角などの通常機械的な美意識として認識される要素は全く含まれていません。一見、間違って見えるような角度や比率で描かれるザリンスキの活気溢れるマシン達はメッセージ性を含み、機械の外観形態というものは変化に富んでいるが、その機能自体はほとんど変わらないものであるという彼の見地をユーモラスに表しています。


明るい色は、幸せと厳しさの相反する感覚が入り交じった雰囲気を表し、奇妙な不安と魅力のパラドックスを形成しています。多くの人々はテクノロジーや機械によって中和された、比喩的に言うと、"平坦化された"世界に居住し、それを体感しています。ザリンスキの遠くから見ると一見平坦に見える絵画は 、我々の生きる今の現代社会のそういった状況を反転させよという試みを見せる一方で、近距離で見ると感じられる安堵感というものも同時に鑑賞者に伝えようとしています。それはいわば、絵画が鑑賞者を "インタフェース" に手招くことを意味しているのです。それぞれの絵は、一つの事象へと変化し、従って、ユニークな個性を持ちます。


絵画の近代化、絵画のモダニゼーションという試みを常に抱いているため、ザリンスキは、モデリングペースト、ジェルメディアムおよび干渉色などのアクリル塗料の化学進歩を多いに利用しています。これらの新しいアクリル絵の具は、ある意味、私たちの住んでいるプラスチック時代を投影しています。彼の絵画の背景は、Wi-Fiの電波と放熱現象を引用している為、波紋の様に見えます。また、ザリンスキの絵画は伝統的な静物画、肖像画、また宗教的象徴絵画などを引用している為、それらからの影響を感じる事が出来ますが、いずれかのカテゴリーにもすんなりと属する事はありません。これは、テクノロジーや通信ディバイスが、複数の機能を同時に実行することが出来るという現代技術を反映しています。例えば、"カメラが携帯電話なのか?"または、"カメラ付き携帯電話やビデオカメラとは何か?"という問いを絵画を通して投げかけているのです。これらの問いかけを通して、ザリンスキは、命名法という伝統の崩壊、形式化されるシステムの劣化をも暗示しています。言い換えれば、ザリンスキは、過去、現在、未来に共通する、普遍的なテーマに基づいた絵画を作成しているとも云えるのではないでしょうか。


この秋には、小さなモノグラフが出版されます。その中には、ホイットニービエンナーレを2度キュレートしたクラウス・ケーテスによる解説文、作家、劇作家のハン・オングによるクリエイティブエッセイ、そしてドイツの現代美術史家クリスティーヌ・メーリングによる小論文も掲載されています。



アンジェイ・ザリンスキはミズーリ州カンザスシティ生まれ。彼の作品は、ポートランド美術館、ナーマン現代美術館、キャンベラ博物館&美術館、オーストラリア国立美術館のコレクションに所蔵されています。現在に至るまで、彼の作品はニューヨーク、ロサンジェルス、ベルリン、シドニーにて発表されてきました。現在、ドイツのベルリンを拠点に活動、制作を行っています。




Motus Fort Gallery is pleased to present Andrej Zielinski's second solo show of paintings made in Japan.


Zielinski's topic of machines in Devices Opening Up includes: laptops, phones, scanners, paper shredders, and camcorders. Painting machines used for daily communication, Zielinski reminds us that painting is also a form of communication. Aside from the display unit of the panel, Zielinski's forms purposefully have no straight lines or perfect angles. This is at odds with conventional ID aesthetics. These untrue angles and skewed proportions in Zielinski's machines contribute to the comedy that speaks to how machines' appearances change, but functionality remains constant.


The bright colors are both happy and harsh, provoking strange, unsettling and engaging paradoxes: What is new? This vibrancy insists on advertising and issues of desire. Recently, people increasingly interface life through mediated technological devices. Zielinski reverses this by painting what seems deceptively flat from a distance, but up close is high relief and reaches out from the device to the viewer, beckoning our interfacing with painting. Each work is a single event, thus a unique personality.


Zielinski uses new advances (seasonally and locally) in acrylic paints: modelling paste, gels, and interference colour to update painting, just as electronics utilize newer plastics, polymers and coloration. These new acrylics shout to our plastic age. The background waves and auras make Wi-Fi, radio waves, and heat dissipation statically visible. Zielinski's paintings evoke still life, portrait, and icon painting genres but do not sit squarely in any particular category. This mirrors our contemporary, multiply-functioning technological performance: Is a camera a phone, or is the phone a camera, or a camcorder, or is it a digital photograph album? Recently this portal with the internet makes our ideas, images, and films visible to all. In essence, he questions the accepted nomenclature, its breakdown and its exacerbation. Working under the assumption of the timelessness of Art, Zielinski creates paintings that speak to the past, present and future, while trying to escape the expectations of timeliness.


This autumn a small monograph will be published with an introduction by Klaus Kertess, curator of two Whitney Biennials, a creative interpretive essay by Mac Arthur Genius Recipient, writer/ playwright Han Ong, and a short essay by German Contemporary Art Historian Christine Mehring, Editor of Art Forum.



Andrzej Zielinski was born in Kansas City, Missouri. His work is in the collections of the Portland Art Museum, The Nerman Museum of Contemporary Art, Canberra Museum and Art Gallery, and the National Gallery of Australia. His work has been shown in New York City, Los Angeles, Berlin, Tokyo, and Sydney. He lives and works in Berlin, Germany.

Andrzej Zielinski's website is here

andrzejzielinski.com