Gallery hours are Wednesday - Saturday from 11am - 7pm

マイケル・ヴァレンヴァルト
Michael Vahrenwald
Forest Floor

2013年8月23日(金)〜  10月2日(水)


Friday, August 23 - Wednesday, October 2, 2013

untitled,

still 2 SHOW

still life one SMALL

largel eaves

tree in fence

phone Book

still 8 SMALL 1


Forest Floor


この度、アメリカ人アーティスト、マイケル・ヴァレンヴァルトの日本でのデヴュー写真展「Forest Floor」を開催いたします。


これらの作品は、街路や歩道の隙間、工業団地のいたるところで見られる、根こそぎにされた自然の発芽と都市の残骸を明らかにする。それぞれの野生植物は、それらが育った場所で撮影され、そこには植物を取り巻く周囲からの残骸が散らばっている。背景によって隔てられ、スタジオ用の照明で強調された植物は、そこに自生しているが、ひとつひとつの植物は自然の仕組みの外にある存在であることを明らかにしている。


私は解釈の境界にある写真、名前や分類に先立って経験を与えるイメージに関心がある。私は、私のイメージをそれらが提供すべきものを明らかにする前に、美しさと経験的レベルに結びつけたい。私は現実のドキュメンテーションと美的要素を与えられたスティル・ライフの間のバランスを獲得しようとしている。



マイケル・ヴァレンヴァルトは1977年アイオワ州ダベンポートに生まれ、現在ニューヨーク在住。クーパーユニオン美術学部を卒業し、イェール大学大学院写真プログラム修了。


作品はホイットニー美術館、ウォーカー・アート・センター、カーネギー美術館、イェール大学建築学部、ネールマン現代美術館など様々な場所で展示されている。また、ヴァレンヴァルトの作品は、ブラインド・スポット、カメラ・オーストラリア、フラッシュ・アート、ニューヨーク・タイムズで紹介され、『Looking Away, Phenomenality and Dissatisfaction, Kant to Adorno』Rei Terada著、Harvard University Pressでも取り上げられている。


現在、クーパーユニオンで写真を教えており、ハートフォード美術大学助教授。




Motus Fort Gallery is pleased to present Michael Vahrenwald Debut solo show of photographs.


These works survey nature's uprooted germination and detritus throughout city streets, cracks in sidewalks and industrial parks. Each wild plant is photographed on the site in which it is growing. The scene is littered with the remains from the environment surrounding it. Isolated by a backdrop and highlighted with studio lights, the plants are native to their locations but each explains existences outside of its natural arrangements.


I am interested in photographs that exist on the edge of interpretation, images that provide an experience prior to a name or classification. I want my images to connect on an aesthetic and experiential level before they reveal what they have to offer. I strive for a balance between the documentation of reality and the aestheticized still-life.



Michael Vahrenwald was born in Davenport, Iowa in 1977. He presently lives in New York City. He studied fine art at The Cooper Union and Photography at Yale University. His work has been shown at a variety of venues including the Whitney Museum, The Walker Art Center, The Carnegie Museum of Art, the Yale School of Architecture and the Nerman Museum.


His work has been published in Blind Spot, Camera Austria, Flash Art, The New York Times and is featured in: "Looking Away, Phenomenality and Dissatisfaction, Kant to Adorno" by Rei Terada, Harvard University Press.


He currently teaches Photography at The Cooper Union, and is an Assistant Professor at The Hartford Art School.