マーク・トーマス・ギブソン
Mark Thomas Gibson
Black and Blue

2013年10月4日(金)〜  10月26日(土)


Friday, October 4 - Saturday, October 26, 2013

Japan.BLACKANSBLUE
mark

黒と青


黒とは色であり、感情の状態であり、意味や喚起をともなう言葉である。

青とは色であり、感情の状態であり、意味や喚起をともなう言葉である。

黒と青が一緒になり、より広い結合の配列を作り出す。まず頭に浮かんでくるのが、あざ、いわゆる混乱の名残である。これらの絵画の多くは、幽霊、つまり目に見える報復の亡霊と名付けられている。歴史とは私たちの不満と疑いの気まぐれな亡霊であり、見せかけの勝者によって書かれたものであるが、それでも全ての世代に移ってゆく。アフリカ系アメリカ人アーティスト、マーク・ギブソンは、わたしたち観る者の注意を長引かせる、明らかにされるべき多くの誤った情報と妨害から私たちを呼び覚まし、私たちの想像力の亡霊に詩的に対峙する。



マーク・ギブソンはイェール大学で美術学修士を取得したブルックリンを拠点とするアーティストです。マイアミにある20/20 Projects、Heist Gallery、Fredericks & Freiser、モータス・フォートなどで作品を発表している。




Black and Blue


Black is a color, emotional condition, and word fraught with meaning and evocation.

Blue   is a color, emotional condition, and word fraught with meaning and evocation.

Together black and blue double up to create a wider array of associations. The first to come to mind is a bruise, a remnant of disruption. Many of these paintings are titled, Revenant, a visible and avenging ghost. History is our mercurial ghost of discontent and question, written by seeming victors yet shifts every generation. African-American, artist Mark Gibson poetically confronts the revenants of our imaginations, stirring them from the muck misinformation and distraction to be revealed to viewers who prolong their attention.



Mark Gibson is a Brooklyn based artist who completed his MFA at Yale University. He has shown at 20/20 Projects in Miami, Heist Gallery Fredericks & Freiser and Motus Fort.