Susan Lipper
Grapevine

2008年12月19日(金)〜  2009年1月31日(土)

Friday, December 19, 2008 - Saturday, January 31, 2009

deer
trailer stack
man with rabbit
dot car
nekkid boy
Mask
trailer
boy

グレープヴァイン


Motus Fortでは、スーザン・リッパーが世界的に知られることとなったプロジェクト、「Grapevine」を開催いたします。この度は、日本でのスーザン・リッパーの「Grapevine」プレミア・ショーとして、貴重なモノクロのヴィンテージプリントをセレクトいたしました。本展覧会は、スーザン・リッパーの作品の全容を日本において理解していただくために、Motus Fortが「Grapevine」から年代順に彼女の作品を展示していくシリーズです。


「Grapevine」は主観的なドキュメンタリーであり、演劇的な作品を制作したクリュードソンや、架空のフィクションを作り出すために現実の場所や人物を用いた90年代の写真家の先駆けとなりました。彼女の写真は、従来のドキュメンタリー写真の枠外で新しい言語を定義しようとするものです。その写真は、見かけ通りではなく、想定内の写真の知識におさまらない、むしろ、共同作業を表明するものなのです。


彼女はこのように言います。「私の作品は、共同作業や編集、演出の段階に支えられています。そして、これらが現実の人々で、ただ私の想像やつかの間だけレンズの前に現れた友達についての空想ではない、と部分的に示すだけです。作品は主観的な寓話です。私のもう一つの故郷についての、20年間にわたる視覚的な日記なのです。」「Grapevine」は、高貴な野蛮人や、自然への回帰、または都市の辺境に素晴らしく純粋なものが存在するのだという空想に支えられています。そして、新しいビジョンが発見されうる聖なる場所を追い求めているのです。「自分自身を発見できるアメリカを発見するために。」



スーザン・リッパーは現在マンハッタン在住、毎年数ヶ月をウェスト・バージニアのグレープバインで過ごす。1983年にイェール大学の美術学修士課程を修了。彼女の作品はヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、メトロポリタン美術館、ニューヨーク公共図書館などのコレクションに収蔵されている。出版物には、「Grapevine」を含む、「trip」、「Bed」、「Breakfast」がある。



Grapevine


Motus Fort presents Susan Lipper's first internationally recognized project, Grapevine. This is Lipper's premiere showing of Grapevine in Japan, a selection of black and white, rare vintage photographs. The exhibition is part of an ongoing series of Lipper's work that Motus Fort plans on mounting in chronological order starting with Grapevine, in order to bring the public a better comprehension of her work as a whole in Japan.


Grapevine is a subjective documentary that foreshadows the staged theatrical work of Crewdson, and other 90's photographers who used real places and people to create imagined fictions. The photographs seek to define a new language outside of traditional documentary photographs, the photographs are not what they seem, they don't sit comfortably within the expected literacy of photography, but are manifestations of a collaboration.


In her own words; "The work only partially supposes that these are real people and not just fragments of my imagination and friends who appeared briefly before a lens aided by levels of collaboration, editing, and staging. The work is a subjective fable... a visual diary for my second home for 20 years." Grapevine is fueled by the Romantic concern of the noble savage, of a return to nature, the idea that outside the confines of the city exists something good and pure, and in pursuit of this sacred place where a new vision can be found... to discover America you discover yourself.



Susan Lipper currently resides in Manhattan and spends several months each year in Grapevine, West Virginia. She graduated from Yale's prestigious MFA program in 1983. Her work is in the collections of the Victoria and Albert Museum, the Metropolitan Museum, and New York Public Library, among others. Publications include "Grapevine", "trip", "Bed" and "Breakfast".



  • ARTICLES & REVIEWS